閉じる
  1. レスターシティ岡崎慎司選手の海外の反応やレスター指揮官の評価は…
  2. 爆買い(インバウンド消費)での経済効果とは…
  3. 未来を予測する人工知能ロボット「kibiro(キビロ)」の発売日や価格…
  4. AbemaTV(アベマティーヴィー)は無料で気楽に視聴が可能!
  5. サッカー久保建英(たけふさ)のすごさと比較される中井卓大(たくひろ)の…
  6. 上手く伝わっていない時こそ伝える事の重要さ
  7. サッカーU20W杯出場の久保建英(たけふさ)の想いと伸びる身長と現在
  8. 電力自由化を比較してみて関東(埼玉、神奈川等)の状況は…
  9. シャープ発売のロボホン(ROBOHON)の価格予想!
  10. 新海誠監督のアニメ「君の名は(きみのなは)。」が 映画館で大ヒット理由…
閉じる
閉じる
  1. 2017年上半期にヒットや流行した商品とは…
  2. 歩いてお得なポイントが貯まるアプリやサービスとは…
  3. U-20W杯決勝トーナメントに導く堂安律(どうあんりつ)と小川航基(お…
  4. サッカーU-20日本代表の原輝綺(はらてるき)、杉岡大暉(すぎおかだい…
  5. アマゾン(Amazon)のスピーカー型音声認識デバイス「アレクサ」とは…
  6. サッカーU20W杯出場の久保建英(たけふさ)の想いと伸びる身長と現在
  7. わかりやすい引き算のプレゼンや会議資料作りとは…
  8. オススメの軽量ノートPCの比較と安さは…
  9. 南野拓実(みなみのたくみ)の現況と今シーズンの成績は…
  10. ビジネスマン必見!資料作りのコツとは何か?
閉じる

サッカーやスポーツ心理学、WEBマーケティング等を綴ったお得情報

活動量計や心拍数計や睡眠測定機能付きの高性能なリストバンド!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、ガラケーからスマホへ移行していった流れのように昨今注目が上がってきているのがウェラブル端末です。この業界は2013年40万台ほどの市場だったのですが、2015年には約236万台と6倍程に膨れ上がり、さらには2020年の東京五輪頃には600万台を超えるとも見込まれている成長市場であるようです。

リストバンド型ウェラブル端末のおすすめは…

そもそもウェラブル端末は、身につけて持ち歩くことができるコンピュータのこと言います。
ラップトップやスマートフォンなど単に持ち運べるコンピュータとは異なり、主に衣服状や腕時計状で身につけたまま使えるものを指して、大きく分けると以下の3つに分けられます。

1、メガネ型(例:Google Glass等)
2、腕時計型(例:Apple Watch等)
3、リストバンド型

メガネ型はレンズがディスプレイとなり、情報検索や行動支援などのスマホ代わりの機器となる位置付けて発売されています。腕時計型は、メールや着信の通知、音楽再生の操作など、スマホの補助を行う機器として位置づけて発売されています。そしてリストバンド型は、1日中24時間装着し、歩数計や心拍数、食事の記録などライフログを取得することで、
スポーツやヘルスケアを意識した商品ラインナップとなっています。

そこで今回はブレスレットやリストバンドのように、オン/オフのシーンを問わずさりげなく身につけられるスタイリシュなウェラブル端末として、スマートフォンの普及とともにアメリカで大成功を収めているAliph社のブランド「JAWBONE」の「UP3」シリーズを紹介していきたいと思います。

リストバンド型の「JAWBONE」は初代機の「UP」が2012年に米国で発売され、日本では2013年4月に販売開始されました。何より特徴的なのはオンオフ問わずに身につけられそうなスタイリッシュなデザインであり、初めてのワイヤレス化モデル「UP24」、エントリーモデル「UP move」、スタンダードモデル「UP2」等があり、それらをさらに改良して満を持して心拍数計、高精度睡眠センサーを搭載した最新のハイエンドモデル「UP3」が2015年7月に日本で発売中です。

UP3-01


スポンサーリンク


高性能なバイオインピーダンスを使用した「心拍数測定」がすごい

「UP3」シリーズは歩数、距離、睡眠などを測定する三軸加速度センサーに加え、バイオインピーダンスを使用した心拍測定機能が搭載されています。

他のリストバンド型のウェラブル端末は緑色LEDを利用した光学式による心拍数測定が多いが、
バイオインピーダンスは体重・体脂肪計などにも利用される、体の微弱な電流を検知することで心拍数を測定するから、精度は高いです!

睡眠は、浅い眠り、熟睡状態に加え、レム睡眠を測定できるのも大きな特徴であります。
発売当初は手動で睡眠モードと活動モードを切り替える必要があったのですが、
連動するスマホアプリのファームアップが随時更新され、現在自動で睡眠状態を測定してくれる優れものです。

UP3の充電は付属のUSBケーブルで実施するのですが、
1時間ほどでフル充電され最大で7日間の連続稼働もできて他のウェラブル端末の中でも電池の持ちもなかなかです。
データを閲覧できるスマホアプリとの連動は、Bluetoothを介してワイヤレスに行われ、睡眠モードのファームアップのように、進化するアプリです。心拍数の計測も当初は起床時の心拍数のみだったのですが、ソフトウェアのファームアップされたことで24時間測定も可能になっています。

防水性は生活防水(防沫)性となっており、汗ばむジョギング中や運動後のシャワーなど、日常生活では腕に装着したままの使用も可能です。※水没する浴槽での使用はできない仕様であるそうです。


スポンサーリンク


スマホと連動するアプリは…

UP3で収集されたデータは、APP StoreとGooglePlayから無料ダウンロードできるUPアプリで閲覧できます。睡眠は浅い眠り、深い眠り、レム睡眠、目覚めた回数等まで「睡眠の質」を見やすいグラフで表現してくれます。
活動の記録は歩数、移動距離、消費カロリーなどが記録され、友達や家族等で歩数対決できる「デュエル(対決)」機能等もあり、楽しく競い合うこともできる!

心拍の記録は、安静時から日中の心拍数まで、体調やストレスなどによる心拍数の変化を確認できます。
食事の記録は、主だった飲食のメニューは選択式でタップするだけで入力完了します。

なおアプリのデータベースは随時更新されており、世間に販売されている一般的な既製の食品は、商品名を選ぶだけでOKで、摂取カロリーから、炭水化物量、タンパク質量なども蓄積できます。

さらに「Smart Coach」機能は、設定した歩数や活動量などの目標達成に向けて、モチベーションを上げるようなアドバイス、足りない部分に気づかせてくれる分析結果表示などを随時行ってくれる、かゆいところに手が届く機能となっています。

UP3の製品仕様は…

●活動トラッキング:歩数、距離、カロリー計算
●睡眠トラッキング:睡眠時間、レム・ノンレム睡眠高精度分析
●目覚まし:有(バイブ機能)
●心拍計:有(バイオインピーダンス)
●フードロギング:アプリによる入力
●同期:Blutooth Smart
●連続操作:最大7日間
●充電時間:約1時間
●製品サイズ/重量:約16センチ~19センチ / 20g
●対応OS:Apple iOS(iphone 4s以降、iPad第3世代以降)、Android4.3以降
●店頭参考価格:2万6480円(税別)

UP3-02

カラーバリエーションも豊富で若い人から年配の方まで幅広い層を対象としています。
今後も東京五輪に向けてさらに注目度が上がりそうな商品ですね!


スポンサーリンク


関連記事

  1. IMG_0569

    すしざんまいを誕生させた社長と原点となる築地への想い!

  2. IMG_0684

    様々な宇宙の仕事と民間宇宙旅行の価格費用やいつ行けるのか?

  3. IMG_0801

    ビジネスマン必見!資料作りのコツとは何か?

  4. dolon01

    ドローン宅配3年以内の実現なるか…

  5. RoBoHoN-takahashi

    高橋智隆氏のロボホンプロジェクト参加経緯とは…

  6. resipo01

    レシートを撮影しポイントを貯めるレシポ、レシトクのアプリや注意点…

おすすめ記事

  1. 2017年上半期にヒットや流行した商品とは…
  2. U-20W杯決勝トーナメントに導く堂安律(どうあんりつ)と小川航基(おがわこうき)の想い…
  3. サッカーU20W杯出場の久保建英(たけふさ)の想いと伸びる身長と現在
  4. わかりやすい引き算のプレゼンや会議資料作りとは…
  5. ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)の気になる性能や価格と動画!
ページ上部へ戻る