閉じる
  1. わかりやすい引き算のプレゼンや会議資料作りとは…
  2. ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)の気になる性能や…
  3. サッカー久保建英(たけふさ)のすごさと比較される中井卓大(たくひろ)の…
  4. 移動時間が長い人や長時間外で使用したい人にオススメなポータブルDVDプ…
  5. 爆買い(インバウンド消費)での経済効果とは…
  6. U-20W杯決勝トーナメントに導く堂安律(どうあんりつ)と小川航基(お…
  7. レスターシティ岡崎慎司選手の海外の反応やレスター指揮官の評価は…
  8. 上手く伝わっていない時こそ伝える事の重要さ
  9. レシートを撮影しポイントを貯めるレシポ、レシトクのアプリや注意点は…
  10. AbemaTV(アベマティーヴィー)は無料で気楽に視聴が可能!
閉じる
閉じる
  1. 2017年上半期にヒットや流行した商品とは…
  2. 歩いてお得なポイントが貯まるアプリやサービスとは…
  3. U-20W杯決勝トーナメントに導く堂安律(どうあんりつ)と小川航基(お…
  4. サッカーU-20日本代表の原輝綺(はらてるき)、杉岡大暉(すぎおかだい…
  5. アマゾン(Amazon)のスピーカー型音声認識デバイス「アレクサ」とは…
  6. サッカーU20W杯出場の久保建英(たけふさ)の想いと伸びる身長と現在
  7. わかりやすい引き算のプレゼンや会議資料作りとは…
  8. オススメの軽量ノートPCの比較と安さは…
  9. 南野拓実(みなみのたくみ)の現況と今シーズンの成績は…
  10. ビジネスマン必見!資料作りのコツとは何か?
閉じる

サッカーやスポーツ心理学、WEBマーケティング等を綴ったお得情報

様々な宇宙の仕事と民間宇宙旅行の価格費用やいつ行けるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙旅行は民間企業だからできるビジネス!

宇宙ビジネスは、どんな分野で有望なのだろうか?

今見えているのは、衛星通信、リモートセンシング(地球観測)、測位の3つの分野です。例えば、衛星画像などは非常に大きなニーズがあります。船が港の混雑状況を知ったり、駐車場の埋まり具合から客の動向を読み取ったりと、特に物流の分野で威力を発揮すると関係者は語ってます。

米国ほどの派手さはないものの、すでに日本でもいくつもの宇宙ベンチャーが活動を始めており、そのビジネスモデルは極めて多彩です。会社の規模は小粒ながら、アイデアと技術力を武器に世界で先陣争いを繰り広げている企業もあります。

◇宇宙旅行
宇宙から青い地球を眺め4分間の無重力を体験

民間宇宙ビジネスの花形といえば、やはり宇宙旅行でしょう!NASAやJAXAなど、税金で運営される公的な宇宙開発機関は、娯楽の一環である宇宙旅行のために、開発リソースを直接的に割くことはなく、宇宙旅行は民間企業だからこそできるビジネスなのです。
残念ながら日本には宇宙旅行用の機体を造っている企業はまだありませんが、海外ではすでにいくつかの機体が開発され、テスト飛行を繰り返す段階に入っている状況です。その先頭争いをしている一社と目されるのが、米国のヴァージン・ギャラクティック。リチャード・ブランソン氏が設立した英国ヴァージングループの宇宙旅行会社です。

同社はすでに、ニューメキシコ州南部に民間宇宙港「スペースポートアメリカ」を設置しており、そこを拠点に500人体制で開発を続けています。使用する機体は乗客6人が搭乗できる「スペースシップ2」。母機である双胴ジェット機「ホワイトナイト2」に抱えられて高度15㎞まで上昇し、そこで分離、発射されます。発射後、スペースシップ2は、ロケットエンジンを噴射し、マッハ3.3のスピードで高度110㎞の宇宙空間に到達して、ロケットエンジンを停止した機体は宇宙の静寂に包まれ、窓の外には青い地球が広がるそうです。機内で無重力を楽しんだ後、大気圏を目指して帰路に就くようなイメージで宇宙での滞在時間は約4分間、往復で約2時間の短い宇宙旅行になりそうです。

IMG_0684

この旅行の料金は約3000万円で全額前金の予約制で、全世界での予約者は既に700人に上るそうです。日本の公式代理店を務めるクラブツーリズム・スペースツアーズによれば、日本人の予約者は16年末に20人で、平均62歳との傾向があるそうです。募集を開始した05年から待ち続けている人が多く、14年にスペースシップ2がテスト飛行で墜落事故を起こした際も、日本人のキャンセルはゼロだったというから、ファンからの期待の表れを感じます。

◇感覚的な適正価格は600万円
では今後、宇宙旅行市場はどれくらいの可能性を持っているのでしょうか?

14年にクラブツーリズム・スペースツアーズがJAXAと共同で行った「宇宙旅行市場調査」によれば、宇宙旅行(全般)に「行きたい」「やや行きたい」という肯定派は57・3%。行きたい理由は、 「青い地球を眺めたいから」が87・3%を占めており、この調査で判明した「高い」「安い」の値頃感が拮抗する感覚的な〝適正価格〟は600万円であったそうです。

「だから我々としては、高級車1台分、600万円が将来的な目標料金だと考えている」と同社社長は語っています。

「100㎞の上空からは、1000㎞先まで見通せます。沖縄で打ち上げれば、上海まで見える。インバウンド向けの有力なツールにもなります」と浅川氏。 ロケットのような大規模な打ち上げ設備がいらない機体ならではの、夢が膨らんでいきますね。

この旅行の料金は約3000万円で全額前金の予約制で、全世界での予約者は既に700人に上るそうです。日本の公式代理店を務めるクラブツーリズム・スペースツアーズによれば、日本人の予約者は16年末に20人で、平均62歳との傾向があるそうです。募集を開始した05年から待ち続けている人が多く、14年にスペースシップ2がテスト飛行で墜落事故を起こした際も、日本人のキャンセルはゼロだったというから、ファンからの期待の表れを感じます。

◇感覚的な適正価格は600万円
では今後、宇宙旅行市場はどれくらいの可能性を持っているのでしょうか?

14年にクラブツーリズム・スペースツアーズがJAXAと共同で行った「宇宙旅行市場調査」によれば、宇宙旅行(全般)に「行きたい」「やや行きたい」という肯定派は57・3%。行きたい理由は、 「青い地球を眺めたいから」が87・3%を占めており、この調査で判明した「高い」「安い」の値頃感が拮抗する感覚的な〝適正価格〟は600万円であったそうです。

「だから我々としては、高級車1台分、600万円が将来的な目標料金だと考えている」と同社社長は語っています。

「100㎞の上空からは、1000㎞先まで見通せます。沖縄で打ち上げれば、上海まで見える。インバウンド向けの有力なツールにもなります」と浅川氏。 ロケットのような大規模な打ち上げ設備がいらない機体ならではの、夢が膨らんでいきますね。


スポンサーリンク


◇今後宇宙旅行は安くなるのか?
かつての海外旅行が参考になるという。海外旅行は1964年に自由化されたが、当時のハワイ旅行は9日間で36万円だった。当時の大卒初任給は約2万円(現在の10分の1程度)で、ハワイ旅行は「高嶺の花」だった。現在のハワイ旅行は当時の3分の1程度となり、現在の大卒初任給で換算すると、ハワイ旅行は50年間で実質的に30分の1に下がった計算になる。現在、2500万円と家を買うのと同等の宇宙旅行も安全の実績を積んで普及すれば、数十年後にはJTBやHISなどの旅行代理店が庶民の手に届く割安ツアーを先行開発するかもしれないです。

◇いつから民間で旅行ができる?
気軽に宇宙旅行ができるようになるには、まず地上と宇宙を往復して何度も再利用できる乗り物が必要です。現在、アメリカをはじめ世界の宇宙機関が、「単段式宇宙輸送機(SSTO)」や「スペースプレーン」の開発を進めています。スペースプレーンは、飛行機のように滑走路を使って、り陸や着陸を行う、安全性にも優れた宇宙輸送機です。日本でも2020年代の実験飛行を目指して、研究しているところが実情です。これまでに宇宙へ行ったのは、大変な訓練を受けた宇宙飛行士ばかりであり、訓練をしなくても行けるように輸送機の設備なとを整えることが最優先必須事項でしょう。旅行といえば、快適さや値段も気になるところですが、これらの条件を考え、「観光丸」と名づけたロケットでの宇宙旅行のアイデアを出し合っている「日本ロケット協会」という団体もありますが、今後数十年後にまるで海外旅行へ行くように宇宙旅行を楽しめる時代になっている事を期待したいところです。

様々な宇宙ビジネスとは…

◇宇宙エンターテインメント
大都会の夜空に流星群を創出し、色や数を自在にコントロール

宇宙から人工の流れ星を夜空に降らせる──。そんな夢のようなプロジェクトに取り組む企業があり、東京都港区にあるALE(エール)と言う企業です。。発想のきっかけは、大学時代に天文学を学んでいた同社の岡島礼奈社長が、01年のしし座流星群を見たこと。神秘的な美しさに感動すると同時に、人工的に作れるのではないかと考えた。
 当初、岡島氏は自費で知り合いの研究者に委託し、細々と開発を進めておりましたが、興味を引かれた研究者が次第に集まってくるようになり、11年にALEを立ち上げた経緯があります。

人工流れ星を作り出す仕組みは高度600㎞以下の軌道に専用衛星を周回させ、そこから圧縮ガスを用いて流星源を射出する。流星源は地球を3分の1周した後に大気圏に突入し、断熱圧縮によるプラズマ発光をしながら燃焼します。それが、地上からは10秒間程度の流れ星に見えるという仕組みです。

また流星源の材質を変えることで、色のバリエーションが出せて、連続して10個程度を射出し、流星群のように見せることも可能であるそうです。現在、地上での燃焼実験や射出メカニズムの開発にはめどがつき、実際に衛星の製作を始めるところまでこぎ着けている状況です。

◇直径200㎞がイベント空間に変身!
人工流れ星が一度に見える範囲は、晴れていれば直径200㎞のエリアであり「これを利用して、大規模なイベントを仕掛けていきたいそうです。他の宇宙ビジネスはニーズのあるところを目指しているのが多い状況ですが、同社は市場創造型のビジネス。その代わり、宇宙ビジネスとしてはコストが安いのが特徴」と同社マーケティング担当は語っています。

◇実施のコストは?
打ち上げロケット費用の5億円程度を含めて、かかるコストは全部で十数億円。衛星1機に数回分の流星源を積むので、1回分の費用は数億円を換算します。

「複数の企業の協賛やテレビ局などとのタイアップがあれば、十分に賄えるレベル」とマーケティング担当は語り、例として「流れ星の日」といった特別な一夜を設け、テレビ局がそれに向けた特別番組を制作し、協賛企業は200㎞圏内でさまざまなイベントを展開するといったイメージをシュミレーション出来ます。

さらに衛星なので世界中で実施が可能であり、日本の花火師のように、日本発の宇宙エンターテインメントが世界の夜空を彩る日が来るかもしれません。

◇グーグル主催の月面探査レース
日本チームが月に送るのは世界最小の探査ローバー

1927年、リンドバーグが初めて成功させた大西洋無着陸飛行。実は、これはオルティーグ賞というレースであり、勝利したリンドバーグは2万5000ドルの賞金を手にしました。それから90年後、同じような趣旨のレースが今度は地球と月との間で行われているのです。

レースの名は、「グーグル・ルナ・Xプライズ」。グーグルがスポンサーとなり、「民間資本によって、17年末までに月面を500m移動し、月面のHD画像を地球に送信」を最初に達成したチームに賞金2000万ドル(約23億円)が贈られるレースです。現在世界から16チームが参加しており、日本から参加するチームHAKUTO(ハクト)は、中間賞も受賞した有力チームの一つなのです。HAKUTOが製作しているのは、月面用のローバー。もちろんレースに勝つために設計された車両ですが、月面探査車としての機能を備えてもいます。

IMG_0685

◇レースのルールは?
主なルールは、月までのロケットと月への着陸船は、自前のものを用意しても他チームとの相乗りでも構わないそうで、HAKUTOは、米国の最有力チームと目されるアストロボティックと相乗りで月に向かいます。月までの輸送コストは重量で決まることから、ぎりぎりまで車体を軽量化。世界最小の4㎏というローバーを作り上げました。それでも月までの〝運賃〟は6億円弱。KDDI(au)、IHI、JALといったパートナー企業や個人の寄付で集めた10億円強の半分以上が運賃で消えていくことになるそうで、打ち上げロケットはスペースXのものを利用します。現在各チームともぎりぎりまで作業し、期限の17年末に打ち上げる予定です。

◇宇宙空間に燃料スタンド!?
チームHAKUTOを中心で担うのは、ispaceという中小企業で、将来の月資源開発を目標に活動を行っています。今回のレース参加はその第一歩と位置づけており、レース後も活動を続けていく予定です。ispaceが目指す最も有力な資源は【月の水】です。水があれば、そこから水素と酸素が得られ、そのままロケットの燃料として使えるのです。宇宙で人間の活動領域が広がれば、引力に逆らって地球から出かけていくのは効率が悪いため、地球周回軌道や月周回軌道、あるいは月面に基地を設けることになる構想です。そこへの燃料輸送は、地球からよりも月からのほうがはるかに現実的です。

高度3万6000㎞の静止軌道上に物資を運ぶのに、月からなら100分の1以下のコストで済むそうです。月の水資源は、推定60億トン。宇宙で〝燃料スタンド〟を開くには十分な量であるそうで、ispaceは、2030年の宇宙エネルギー資源市場を3.8兆円と試算しており、そこへ向けて準備を進めていくそうです。

リンドバーグの飛行から僅か10年で、大西洋は定期旅客便が飛ぶようになり、どこのチームが勝つにしても、月面レースをきっかけに、民間企業の宇宙進出がぐっと加速しそうな勢いです。


スポンサーリンク


◇宇宙ゴミ対策
高速で飛び回る宇宙ゴミを危険マップで事前に知らせます。

2014年のアカデミー監督賞を受賞した映画『ゼロ・グラビティ』。スペースシャトルで船外活動中の主人公をデブリ(宇宙ゴミ)が襲うところから物語は始まります。スペースシャトルの乗組員は全員死亡し、船外活動をしていた主人公たちは、船を捨て、ISS(国際宇宙ステーション)へと向かうと言った展開です。

デブリとは、使い捨てられたロケットの残骸や部品、寿命が尽きた人工衛星などなど、人間が宇宙に捨てた人工物のことを示しており、デブリ同士が衝突して飛び散り、増殖していくこともあるそうです。映画では、いかにもSFらしい設定でしたが、実はデブリ問題は現実の宇宙でも日々深刻化してます。

「2010年、私がスペースシャトル・ディスカバリー号でISSを往復した15日間で、デブリが当たってヒビが入ったシャトルの窓が3カ所。ISSの太陽電池パネルもデブリでよく破損します。10㎝以上のデブリは、地上のレーダーで監視していて、近寄ってくるとISSの軌道を変更して衝突を回避しますが、これが年に3回くらいある」と宇宙に実際に行った宇宙飛行士の山崎直子さんは言います。

ISSが飛ぶ高度400㎞付近で軌道上を周回する物体の速度は秒速7.5㎞。ライフル銃の弾が秒速1㎞だから、衝突したときの破壊力は想像を絶する印象です。
現在、位置が把握されている10㎝以上のデブリは約2万3000個で、いつどこから襲ってくるかわからない無数の小さなデブリだなのです。

◇構想から2年で衛星打ち上げ
アストロスケールは、デブリ対策に取り組む世界でも珍しい企業で2017年後半にデブリ観測衛星「IDEA‐OSG1」を打ち上げ、地上からはわからない微細デブリの観測網を構築する予定です。収集したデータはデブリマップにまとめ、宇宙ビジネスのインフラとして世界中の宇宙開発機関や企業に提供予定です。将来的には観測衛星を3機体制にするとともに、デブリ除去の機能を持つ衛星も開発する計画なのです。注目すべき点はその開発スピードであり、観測衛星を構想してから打ち上げるまで、僅か2年しかかかっていないのです。

◇ロケット輸送
毎週打ち上げができるような手軽なロケットで宇宙を活性化

宇宙ビジネスが拡大していくに当たって、最大のボトルネックは衛星などを宇宙まで運ぶ輸送手段であり、ロシアの「プロトンM」、欧州の「アリアン5」といった定番ロケットに加え、新興の米国スペースX「ファルコン9」や日本の三菱重工業「H‐2A」といった選択肢が加わってきたものの、いずれも積載量数トンという大型ロケットです。マイクロバス並みサイズの大型衛星を運ぶのにはいいが、100㎏程度の超小型衛星などは、メインの積み荷の隙間に相乗りしていくしかない。いわば、段ボール箱1つ運んでもらうのに、大型トラックしかないような状態なのです。当然打ち上げ時期も行き先も、メインの積み荷が優先であり、超小型衛星の都合で飛んでくれる安価な超小型ロケットが、世界中で渇望されています。

インターステラテクノロジズは、その超小型ロケットの開発に取り組んでいるベンチャー企業の一つであり、あの堀江貴文氏が大株主であることから、「ホリエモンのロケット会社」として知られています。北海道大樹町に本社と実験施設があり、東京にも事務所を置いており、ビルの地下にある東京事務所には、工作機械があちこちに置かれ、まるで町工場のような雰囲気で「下町ロケット」の世界感を思わせます。

「特殊な部品が多いので、自分たちで手作りしたほうが早くて安いんです。電子基板もハンダ付けして作りますよ」と社長は笑いながら、地道な部品作りを語ってます。同社が現在開発中のロケットは、人工衛星打ち上げ用よりも小型の観測ロケット「MOMO」です。これまで多くのロケットをテストしてきており、姿勢制御実験機を除くと、8番目のロケットとなる。今回目指すのは、高度100㎞の宇宙空間で、発射250秒で最高高度に到達し、観測機器を積んだ機首部分は、パラシュートで大樹町の沖合30㎞付近の海上に着水する計画だ。
「打ち上げが成功したら、まずMOMOの量産化を開始します。同時に、衛星打ち上げ用の多段ロケットの開発にも着手する」と社長は構想を語ってます。

関連記事

  1. 6db4b8860e01a7f4e6575e4f0073aa88_s

    電力自由化を比較してみて関東(埼玉、神奈川等)の状況は…

  2. IMG_0651

    RIZAP(ライザップ)の結果にコミット主義でゴルフレッスン市場…

  3. RoBoHoN-takahashi

    高橋智隆氏のロボホンプロジェクト参加経緯とは…

  4. resipo01

    レシートを撮影しポイントを貯めるレシポ、レシトクのアプリや注意点…

  5. IMG_0801

    ビジネスマン必見!資料作りのコツとは何か?

  6. junior-nisa

    子供教育費や資金はどのいくら必要で、新登場のジュニアNISA活用…

おすすめ記事

  1. 2017年上半期にヒットや流行した商品とは…
  2. U-20W杯決勝トーナメントに導く堂安律(どうあんりつ)と小川航基(おがわこうき)の想い…
  3. サッカーU20W杯出場の久保建英(たけふさ)の想いと伸びる身長と現在
  4. わかりやすい引き算のプレゼンや会議資料作りとは…
  5. ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)の気になる性能や価格と動画!
ページ上部へ戻る