閉じる
  1. 英語教育の人工知能ロボット「Musio(ミュージオ)」とは…?
  2. サッカーU20W杯出場の久保建英(たけふさ)の想いと伸びる身長と現在
  3. 青学陸上部の原監督が思うコーラ大作戦とは…
  4. ふるさと納税の限度額や仕組み、返礼品の失敗を避けるポイントは…
  5. インターネットで無料にラジオを聴くRadiko(ラジコ)はシェア可能な…
  6. 爆買い(インバウンド消費)での経済効果とは…
  7. サッカー久保建英(たけふさ)のすごさと比較される中井卓大(たくひろ)の…
  8. 電力自由化を比較してみて関東(埼玉、神奈川等)の状況は…
  9. 違いより共通点が伝わりやすい!!
  10. 2017年上半期にヒットや流行した商品とは…
閉じる
閉じる
  1. 2017年上半期にヒットや流行した商品とは…
  2. 歩いてお得なポイントが貯まるアプリやサービスとは…
  3. U-20W杯決勝トーナメントに導く堂安律(どうあんりつ)と小川航基(お…
  4. サッカーU-20日本代表の原輝綺(はらてるき)、杉岡大暉(すぎおかだい…
  5. アマゾン(Amazon)のスピーカー型音声認識デバイス「アレクサ」とは…
  6. サッカーU20W杯出場の久保建英(たけふさ)の想いと伸びる身長と現在
  7. わかりやすい引き算のプレゼンや会議資料作りとは…
  8. オススメの軽量ノートPCの比較と安さは…
  9. 南野拓実(みなみのたくみ)の現況と今シーズンの成績は…
  10. ビジネスマン必見!資料作りのコツとは何か?
閉じる

サッカーやスポーツ心理学、WEBマーケティング等を綴ったお得情報

ARスポーツのHADO(ハドー)でかめはめ波が撃てる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AR(拡張現実)を活用した新スポーツが登場

VR(仮想現実)やAR(拡張現実)といった夢のテクノロジーが実用レベルになり、ゲームやスポーツの楽しみ方が大きく変わりつつあります。また、ハードウエア系のスタートアップが台頭し、アイデアが光る進化系ウエアラブル機器も続々と登場しています。今後スタンダードになり得る次世代ギアを紹介します。

◇かめはめ波を繰り出せる方法が…
「かめはめ波」「波動拳」など、アニメやゲームの世界のワザと魔法を疑似体験できます。そんな夢のような新しいスポーツが、meleapの「HADO(ハドー)」です。プレーヤーは、スマホを差し込んだヘッドマウントディスプレイ(HMD)を頭に装着する。AR(拡張現実)の技術で、フィールドの実写映像と繰り出すワザなどのCGを重ねてリアルタイムに表示して、モーションセンサー内蔵のバンドを腕に着け、ジェスチャーだけでワザを発動できます。

HMDは完全ワイヤレス駆動で、プレーヤーはフィールド内を実際に動き回れるのが画期的で、画面の前にいて遊ぶのが基本の一般的なゲームなどとは異なり、体の動きと映像がリアルタイムにシンクロします。襲いくる巨大なモンスターをファイヤーボールなどで攻撃して倒すコンテンツに加え、プレーヤー同士の対人戦も可能で、白熱したチームバトルを楽しめます。試してみると、迫りくる攻撃に、つい体をのけ反らしてしまうほどの臨場感。腕を前に突き出して攻撃を放ったり、しゃがんで攻撃を避けたり、腕を下から上に振り上げて仮想のバリアーを発動したりと、全身を使うためかなりの運動になり、数十秒で汗がにじむくらいなかなかハードなスポーツです。
IMG_0446


スポンサーリンク


HADO(ハドー)が生まれたきっかけは…

このような新機軸のスポーツが生まれたきっかけは、meleap社の福田浩士CEOが子供の頃に抱いた、「魔法を放ちたい」「かめはめ波を撃ちたい」という強い憧れがきっかけだそうです。ARなどの最新テクノロジーを使って今までにないスポーツを生み出そうと、福田氏は14年1月に起業され、同年8月頃からHADOの本格的な開発をスタートさせました。実用化へのブレイクスルーの一つが、プレーヤーの位置を瞬時にトラッキングできる技術を開発したことで、CGをリアル映像にかぶせるには、プレーヤーの位置を正確に、かつ遅延なく把握する必要があります。そこで考え出したのが、壁に配したデザインパターン(ARマーカー)をプレーヤーのHMDのカメラで捉える手法で、大がかりな装置を使わず済みます。

◇導入してる場所は…
2015年12月には初の常設アトラクションを長崎県のハウステンボスにオープンし、その後、東京・池袋のナンジャタウンにも導入され、多くの人が訪れています。
「HADOはプラットフォームでもあり、コンテンツを乗せ換えることが容易」と専門家から言われており、ゴジラや仮面ライダーの他、かめはめ波の〝本家〟であるドラゴンボールとのコラボアトラクションなども相次いで登場しています。今後は中国・上海に進出し、海外展開も加速していく予定であり、開発を始めてから僅か2年で体験者数は10万人を突破し、まさに破竹の勢いです。


スポンサーリンク


こちらからARスポーツのHADO(ハドー)動画が見れます!

引用元:http://youtu.be/OwIkOhN2dNs

関連記事

  1. リーチ-マイケル

    ラグビーW杯のリーチマイケルの素顔と好物を調査

  2. miu-hirano

    W杯最年少優勝卓球女子の平野美宇(ひらのみう)の気なるラケットや…

  3. WS000000

    2015年話題のグビー五郎丸歩選手の話題ポーズとW杯感想

  4. samurai-japan

    プレミア12の野球日本代表(侍ジャパン)メンバーは…

  5. b1d986e071ac1d69c3869c9bc0d381bb_s

    東京五輪追加種目候補の提案予定の5競技は…

  6. IMG_0668

    箱根駅伝出場の青山学院大エース一色恭志(いっしきただし)の進路や…

おすすめ記事

  1. 2017年上半期にヒットや流行した商品とは…
  2. U-20W杯決勝トーナメントに導く堂安律(どうあんりつ)と小川航基(おがわこうき)の想い…
  3. サッカーU20W杯出場の久保建英(たけふさ)の想いと伸びる身長と現在
  4. わかりやすい引き算のプレゼンや会議資料作りとは…
  5. ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)の気になる性能や価格と動画!
ページ上部へ戻る