閉じる
  1. シャープ発売のロボホン(ROBOHON)の価格予想!
  2. 移動時間が長い人や長時間外で使用したい人にオススメなポータブルDVDプ…
  3. AbemaTV(アベマティーヴィー)は無料で気楽に視聴が可能!
  4. サッカーU20W杯出場の久保建英(たけふさ)の想いと伸びる身長と現在
  5. サッカー久保建英(たけふさ)のすごさと比較される中井卓大(たくひろ)の…
  6. 何かを足すより引く事でより相手に伝わりやすい
  7. 未来を予測する人工知能ロボット「kibiro(キビロ)」の発売日や価格…
  8. わかりやすい引き算のプレゼンや会議資料作りとは…
  9. U-20W杯決勝トーナメントに導く堂安律(どうあんりつ)と小川航基(お…
  10. インターネットで無料にラジオを聴くRadiko(ラジコ)はシェア可能な…
閉じる
閉じる
  1. 2017年上半期にヒットや流行した商品とは…
  2. 歩いてお得なポイントが貯まるアプリやサービスとは…
  3. U-20W杯決勝トーナメントに導く堂安律(どうあんりつ)と小川航基(お…
  4. サッカーU-20日本代表の原輝綺(はらてるき)、杉岡大暉(すぎおかだい…
  5. アマゾン(Amazon)のスピーカー型音声認識デバイス「アレクサ」とは…
  6. サッカーU20W杯出場の久保建英(たけふさ)の想いと伸びる身長と現在
  7. わかりやすい引き算のプレゼンや会議資料作りとは…
  8. オススメの軽量ノートPCの比較と安さは…
  9. 南野拓実(みなみのたくみ)の現況と今シーズンの成績は…
  10. ビジネスマン必見!資料作りのコツとは何か?
閉じる

サッカーやスポーツ心理学、WEBマーケティング等を綴ったお得情報

u23サッカー日本代表のリオ五輪出場決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6大会連続となる悲願の五輪出場権を獲得!

サッカーU−23日本代表は1月26日、カタールのアブドゥラー・ビン・ハリファ・スタジアムでイラク代表とのリオデジャネイロ五輪アジア最終予選兼AFC U−23選手権・準決勝に臨み、2−1で勝利。決勝進出を決めるとともに、6大会連続となる悲願の五輪出場権を勝ち取リました!

日本は前半26分、鈴木武蔵選手のスピードを活かしてサイドラインを相手選手わ鮮やかにかわして、久保選手にキレイで速い弧を描く低めのクロスボールを供給しました。

それに反応したのはスイスリーグの強豪でプレーするエースストライカーの久保選手だった!鈴木選手の速いアンダークロスにドンピシャのタイミングでスライディングして、天敵のイラクから先制に成功します。

しかし、前半終了間際の43分にCKのクリアミスから同点ゴールを許してしまう。後半は立ち上がりからイラクに押し込まれる展開になるが、我慢の時間帯を粘り強く守りきる。その後は得点の臭いがしないまま時計が進み、このまま延長戦に突入するかと思われた48分、劇的なシーンが待っていました!

こぼれ球を拾った原川力選手が相手GKが弾いたボールをエリア外から左足でミドルシュートをゴール右に突き刺し勝ち越しに成功!!

劇的な決勝ゴールで、リオ五輪出場権を手繰り寄せた。試合後、日本の手倉森誠監督は「誰も書けないようなシナリオ、幕切れでした」とイラク戦を振り返ると、「何より選手たちにとっての自信となるような結果だった」と試合への手応えを口にした。また、「みんなが幸せになって良かった」と五輪出場を喜びながらも安堵の表情を浮かべていました。
日本は30日に、同じアブドゥッラー・ビン・ハリーファ・スタジアムで韓国代表との決勝戦に臨む予定です。
WS000000


スポンサーリンク


手倉森監督の勝利後のコメントとは…

今日のビッグゲーム、リオ五輪の出場と決勝進出を懸けた試合に勝てたこと、まずホッとしています。今日は延長には行きたくないという思いで戦っていました(笑)。幸先良く1点取れて、CKから失点したのですけれど、(選手たちには)風が災いした失点だったという話をして、後半は落ち着いてプレーするように指示しました。ただイラクが攻勢を強めてきたときに、これは我慢比べだなということを考えていた。終盤、恐らくイラクは延長のことを考えていたんじゃないかなという雰囲気(があった)。一回、相手陣内へ押し込んでいけば何か起こるだろうという予感(がしていた)。最後の15分に投入して、浅野で何とか突破口を切り開きたい(と考えた)。そこでCKを得てからの劇的な2点目……。誰も書けないようなシナリオ、幕切れでしたけれど、これまで苦しめられてきたイラクに3度目の正直で勝って、決勝戦とリオ行きを決められた。何より選手たちにとっての自信となるような結果だったと思います。

勝てない世代と言われたチームを率いて苦労もあったと思う。勝った瞬間に手倉森監督が思ったこととは?

終わった瞬間、90分で終えて「明日休めるな」と、まず思いました(笑)(※決勝だと中3日空くが、3位決定戦だと中2日での試合となる)。次に、これで本大会まで仕事ができる、と。次に、本当にご心配をかけてきたスポンサー、サポーター、そしてメディアの皆さんに「本当にご心配をお掛けしたけれど、やりました」というような気持ちになりました。本当に支援をいただいて、一緒に戦ってくれていると感じていたので、そうした支援に報いられてホッとしているということと、お互いにおめでとうと言いたいです。

今大会はここまで固定せず、ローテーション制で選手の体力温存、競争させながら、采配してきたのが功を奏していますね!
一部メディアの今大会のU23世代を疑問視する意見を覆した結果であり、素晴らしいです!


スポンサーリンク


関連記事

  1. soccerplayer02

    オランダ1部ヘーレンフェーンのサッカー日本代表小林祐希(ゆうき)…

  2. kanu-yazawa

    リオオリンピックに出場するカヌー五輪日本代表は実は僧侶なのだ…

  3. soccerplayer01

    ヘーレンフェーンの小林祐希(こばやしゆうき)のタトゥーに隠された…

  4. teguramo

    サッカー日本代表オリンピック予選のイラン戦で見せた手倉森監督の采…

  5. teguramo

    U23日本代表が宿敵韓国を倒して優勝!相手指揮官は手倉森ジャパン…

  6. IMG_0560

    サッカーU-19選手権優勝!CBの中山雄太&富安健洋や大会MVP…

おすすめ記事

  1. 2017年上半期にヒットや流行した商品とは…
  2. U-20W杯決勝トーナメントに導く堂安律(どうあんりつ)と小川航基(おがわこうき)の想い…
  3. サッカーU20W杯出場の久保建英(たけふさ)の想いと伸びる身長と現在
  4. わかりやすい引き算のプレゼンや会議資料作りとは…
  5. ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)の気になる性能や価格と動画!
ページ上部へ戻る